タトゥーをいれてはダメ!

プールでタトゥー(刺青)を入れている方についてどう思いますか?

 

悪い人じゃないかもしれないけど、怖い人だったら嫌だな、と思う方がいらっしゃると思います。

 

日本においてタトゥーはあまり良いイメージがなく、プールだけでなく温泉などでもタトゥー(刺青)を入れている人は入浴禁止になっているのをよく見かけますよね。

 

しかし現在では専用のシールで隠せば入浴OKの場所も出てきているらしいです……。

 

そもそもタトゥーはファッションです。外国では普通にタトゥーをしている人はいますし、日本でも芸能人の方はタトゥーをよくしていますよね。マリエさんや安室奈美恵さんなどがそうです。

 

しかし、日本では刺青をしている人は特殊な人が多く、そのせいでタトゥーそのものにまで悪いイメージがついて回っているのが現状です。

 

その特殊な人々が団体でやってくると、ご不快に感じる人々がいてそれでお客さんが寄り付かなくなったら困る、というのが温泉、プール業界の本音だと思います。

 

しかし、実はタトゥーを理由に温泉に入ることを断ることはできないんだそうです。

 

入浴というのは人が最低限の生活を送るための必要な行為であり、銭湯側の人がそれを拒否することは生存権の侵害になりかねない、のだそうです。

 

このことに倣えば、刺青を理由に銭湯に入っていけないというのは、生存権の侵害にあたり、むしろ法に違反しているのは銭湯側の人間ということになってしまいますよね。
だからシールなどで対処しようというところもでてきたんでしょうね。

 

しかし、プールなどはダメだそうです。

 

生存権は、人間が最低限の生活を送るために守るべきものなので、プールなどの娯楽施設は最低限の生活を送るために必要なものとはみなされず、拒否することができるそうです。

 

プールに入りたい刺青をしていらっしゃる方は残念ですけど、拒否されたらそれを承諾するしかなさそうですね。

 

しかし、タトゥーを理由に差別されることが少なくなっていってほしいという思いの方はたくさんいらっしゃると思います。

タトゥーをいれてはダメ!記事一覧

タトゥーの印象について

人間の体の一部分を彫って墨を入れる事で一つのアート、おしゃれとして存在するカルチャーであるタトゥー、入れ墨。日本ではヤクザ等の反政府団体の方が強さの象徴、けじめとして入れ墨、タトゥーを入れている事もあり昔からあまりいい印象を持つ人は少なく、タトゥーを入れた時点で就職が困難になる、仕事がなくなる、なん...

≫続きを読む