就活においてタトゥーは厳禁

一般常識的に就活においてタトゥーは厳禁ということは感覚的にわかると思います。

 

外資系ならまだしも日本の企業となるとタトゥーが目に付くところにあればまず採用は難しいと考えておいたほうがいいと思います。タトゥーをファッションとして考えるのはいわゆる自由業の人だけで、その他の人はタトゥーをファッションとは考えていないということです。

 

それは日本ではむかしから刺青というのは罪人の証であり、現在においても暴力団の象徴としてあることから、タトゥーのある人はかたぎの人でないという判断になっているのです。たとえ個人としてタトゥーを意識しないといっても、仕事はいろいろな人と関わりあいながらすることになります。

 

特に接客業となるとタトゥーのある従業員がいると恐怖すら感じ客が寄り付かなくなったり、不快な思いをするということで業務に影響も出て、売り上げなどの業績にはまったくプラス要素にはならないということです。

 

理解ある人たちの間だけで仕事をするのならありかもしれませんが、そのような仕事は限られています。接客業でなくてもいろんな人とかかわりをもつ以上そういったイメージのタトゥーはタブーということになります。

 

タトゥーがあるからといって採用しないのは偏見だとしても現実問題としてタトゥーを刺青として悪いイメージを持つ人が圧倒的に多いことを考えると、採用企業がわざわざタトゥーが入った人を採用するはずがありません。

 

それほど意識しないでタトゥーの意味やイメージ、印象は強いということを考えないでファッションとして気軽に入れるのはマイナスにしかならないということです。

 

もしタトゥーがあるなら消すことを考えないと就職活動がかなり不利になります。そして一度入れてしまったタトゥーを消すのはそう簡単でないということも少し調べればわかることです。ただし消す方法はあるので、ネットで情報を調べてみてください。

 

就職以外の日常でもタトゥーは入場禁止の施設などもあり、ましてや就職となると個人による自由業でやっていくしかないと考えておいたほうがいいと思います。